カテゴリ:草花( 50 )

一輪の花

b0236040_19321852.jpg
一輪だけ咲いたハマナシ(ハマナス)の白い花、確か昨年も一輪しか咲かなかったように記憶しています。日当たりがあまりよくないせいかもしれません。
b0236040_19425038.jpg
バラの花は大好きなのですが、そのトゲがすごく苦手で、うちにはほとんどバラはありません。この純白の白のハマナシだけは大切にしたいと思っています。でもこの花はあっという間にしおれてしまって、やっぱり次から次へと花を咲かせるようにならないと、つまらないです。
b0236040_2011588.jpg
コモンマローの花。ブルーマローとかウスベニアオイとも呼ばれていますが、ゼニアオイとほとんどごっちゃになっているようです。消炎作用があって、喉の痛みに効くと言われているウスベニアオイ、でもうちのはゼニアオイかも。どちらもコモンマローとして売られているようで、混乱してしまいます…。
b0236040_20221410.jpg
白とピンクが混ざったような花がかわいらしい、ゲラニウム・ビオコボ。私はギボウシとヒューケラとゲラニウムがあれば大体幸せかも(^^;)。
[PR]
by hanalamimo | 2012-06-17 20:24 | 草花

庭の花たち3

b0236040_12563445.jpg
庭の花たち、ちょこちょこと咲いてくれています。これはアルケミラ・モリス。ハーブ名でレディース・マントルと呼ばれているものは、アルケミラ・ヴルガリスで、このアルケミラ・モリスではないようです。ヴルガリスはハーブティーなどの飲用になりますが、モリスはダメだそう。ほとんど同じかと思ってました。
b0236040_1304952.jpg
ゲラニウム・ステファニー。普通のゲラニウムより葉っぱが丸くて(大きいギボウシの葉の間にぼんやり写っています)、かわいらしい印象です。小さいコーラルピンクの花はヒューケラのシルバーリーフの花。ヒューケラの種類、ありすぎてこのシルバーリーフが何だったか、忘れました(^^;)。
b0236040_15215062.jpg
たぶんゲラニウム・サンギネウム・アルバ。白のフウロソウ、大好きです。
b0236040_15225050.jpg
ムラサキセンダイハギ。3株あったのが、1株に減ってしまいました。3株あったときは何だかワサワサしすぎていると思っていたのに、1株になった今、大事にしなくてはと急に思い始めました。

今日は少し蒸し暑くなるのかと思っていたら、お昼過ぎから急に霧がまいてきて、気温もぐっと下がりました。さて、これから少しでも草むしりしなければ。
[PR]
by hanalamimo | 2012-06-11 15:26 | 草花

庭の花たち2

b0236040_208398.jpg
アリウム・ギガンチウムの白。
b0236040_209140.jpg
ネギ坊主そのままですね。花期が長いのでうれしいです。
b0236040_2093041.jpg
先日日野春ハーブガーデンで、おまけにいただいたガウラ。茜という品種です。
b0236040_20103986.jpg
毎年きちんと咲いてくれる、ゲラニウム・ジョンソンズブルー。
b0236040_20114691.jpg
どんどん成長しているヤブデマリ・ピンクビューティ。うれしいことに(^^;)ピンクが少なくなって、ほぼ白くなってきています。
b0236040_20145094.jpg
ブルーの星型の花のチョウジソウ。意外に地味でした。
b0236040_20153357.jpg
今日はとてもいいお天気で暖かくなりました。朝の日だまりの苔庭がまたすごくきれいでした。明日は雨でまたすごく寒くなりそうです。ヒートテックからなかなか卒業できません…。
[PR]
by hanalamimo | 2012-06-08 20:17 | 草花

キバナカタクリの里

b0236040_22131226.jpg
キバナカタクリの里に行ってきました。というのはウソで、これはうちのデッキ前。毎年このキバナカタクリ(エリスロニウム・パゴダ)が咲いてくれます。花の数も増えているようです。
b0236040_2216411.jpg
普通のカタクリは発芽から花が咲くまで7~8年かかります。早春の太陽の光では、花が咲くまでに必要な光合成が十分得られないため、成長していくのに数年かかるそうです。でもこのキバナカタクリは秋に球根を植えると翌春すぐに花を咲かせてくれます。セイヨウカタクリとも言われて、アメリカ・カナダの山では自生しているようです。
b0236040_22203639.jpg
これは昨日撮った写真。今年は紫色のライラックの蕾がたくさん付いてくれて、開花が本当に楽しみです。
b0236040_22223284.jpg
黄色いヤングスターというスイセンに続いて、カップがオレンジ色の、でも名前はピンクチャームが咲きました。真ん中の赤い新芽を付けている木はベニチドリという名前のモミジです。一度カミキリムシにやられてどうなることかと思いましたが、立派に立ち直りました。
b0236040_223087.jpg
私のツツジに対するイメージを変えてくれたミツバツツジ。4月初めに植え換えたのですが、花が咲いてくれてよかったです。でもいつもより花の色が濃いような気がします。

今年のゴールデンウィークは本当にお天気が悪くて、気持ちがよかった日は昨日だけ。今日は曇り・雷・雨・晴れ、と目まぐるしく変わる天候で、しかも今気温がどんどん下がっています。明朝の予想最低気温は2℃。霜が降りないといいのですが。すごく寒さに弱いレモンユーカリ、グニーユーカリの鉢植えは室内に入れました。
b0236040_22325894.jpg
これは先ほど撮ったお月様。すごく明るいと思っていたら、「meikenluckyさん」が理由を載せてくださっていました。もうちょっと早い時間だったらもっとはっきり見えていたのですが、ちょっと霞んでしまって(というか、確実にかなり手ブレです)、残念。不思議な写真になりました。
[PR]
by hanalamimo | 2012-05-06 22:34 | 草花

ハーブの寄せ植え

b0236040_22531618.jpg
ハーブだけで寄せ植えを作りました。地味ですね…(^^;)。一つだけ花が咲いているのがスノーフレーク・ゼラニウム。それから反時計まわりに、ローズマリー・モーツァルトブルー、アップルミント、ポテンティラ、手前に伸びているのが、セントジョーンズワート、そしてマスチック・タイムという名のタイム。真ん中にやはりハーブゼラニウムのクリスビューレモンセイントゼラニウム(長い…)があります。もう少し成長してくれて、いい感じになってくれるといいのですが。
b0236040_22524159.jpg
さらに地味です。これにはローズマリー・ロゼア(ピンクの花のローズマリー)、ウィンターセイボリー、そして蚊連草(カレンソウ)とも呼ばれている、やはりハーブゼラニウム。ハーブの成分で蚊が二酸化炭素を察知する力を鈍くして、刺されにくくする効果があるそうです。ローズマリーもゼラニウムも、軽井沢では越冬できないので、鉢植えにして何とか冬もハーブを楽しめるようにしたいと思っています。
b0236040_237256.jpg
ハーブゼラニウムの花は普通のゼラニウムと違って花が小さくて可憐です。スノーフレークという名前なのに、けっこう濃いピンクなのはどうして…(笑)。
[PR]
by hanalamimo | 2012-04-28 23:10 | 草花

庭の花たち

b0236040_21305651.jpg
実に半月ぶりの更新です。いろいろなことがあって、全然余裕のない日々が続いてしまいました。アクセスしてくださっていた皆さま、大変申し訳ありません。そうこうしているうちに、庭の花たちが次々と花を咲かせていました。最初の写真は「チオノドクサ」。一昨年の秋に球根を植えました。この斜面が気に入ってくれたみたいで、去年に引き続き今年も咲いてくれてとてもうれしいです。
b0236040_21343419.jpg
そして植えたのを忘れていたエゾエンゴサク。今日発見して飛びあがって喜んでしまいました。
b0236040_21361182.jpg
こんなピンクがかった色もあります。
b0236040_21373113.jpg
これはプスキニア・リバノティカ。一つ一つの花は米粒を一回り大きくした程度の小さな花です。この花も一昨年の秋に球根を植えて、そのまま植えっぱなしで咲くのは2度目です。キューティヒヤシンスとも呼ばれているらしいです。
b0236040_21412865.jpg
これもまたとってもうれしい、同じくヒヤシンスの仲間のシラー・シビリカ。もう少し一面に増えてくれて、エゾエンゴサクと一緒に青いじゅうたんのようになってくれるのが夢です。
b0236040_21431988.jpg
花によって色の濃さも様々。
b0236040_21432640.jpg
最後に、やっと蕾が膨らんできたスイセン。やっぱり今年の春の歩みは遅いですねぇ。
b0236040_21441519.jpg
もう一枚おまけ。初めてのハナちゃんとミミィちゃんのツーショットです。この二人、もしかして仲良くなれるかもしれないと、秘かに期待しています。何となく表情も似ているような…(^^;)。
[PR]
by hanalamimo | 2012-04-21 21:52 | 草花

霜の中の花たち

b0236040_9425360.jpg
今朝の最低気温は-7℃。すごい霜柱が立ちました。その中ふっと見るとミニアイリスが咲いてます。バタバタしていて全然気が付きませんでした。
b0236040_944447.jpg

b0236040_9457100.jpg

b0236040_9452265.jpg

辺りを見渡すと他にも蕾がたくさん。上からシラー・チューベルゲニアナ、原種のクロッカス、エランシス・シリシカです。

週間天気予報を見るとしばらく朝は氷点下、日中も10℃には届かない気温が続くみたいですが、それでも春は確実に近付いてきていますね。あ、今日から4月ではないですか…。
[PR]
by hanalamimo | 2012-04-01 09:57 | 草花

春の色

b0236040_23331084.jpg

昨日の写真の切花、ミニバラは薄ピンクと思っていたら、開き始めたら大好きな薄アプリコット色でした。どうしてかはわからないのですけど、バラはこの薄いアプリコット色がいちばん好きです。

最近切花はある地元のお花屋さんで買っています。いわゆる「おしゃれ」ではないのですが、安くて必ず何かおまけを付けてくれるのです。以前アップした水耕栽培のヒヤシンスもおまけでした。ハーブの苗もすごく安かったので、他にも取り寄せられるのか聞いてみたら、ハーブは定番のものがいろいろミックスされて届くそうで、指定はできないとのこと。あまり店頭には並ばないものも売っていることを考えると、やっぱりネットですね。
[PR]
by hanalamimo | 2012-03-14 08:49 | 草花

ハーブの苗が欲しくてたまらない病

b0236040_923432.jpg
写真と本文は関係ありません…(^^;)。

昨日の軽井沢の最高気温はプラスに至らずに真冬日でした。今朝の最低気温は-8℃。日中は何とか0℃とかプラスの1℃になりそうです。こんな寒い日が続いていますが、3月ともなると日差しがとっても春めいてきて、気持ちがモノクロからカラーに変化していくような気分になります。そうなると欲しくなるのは花の苗(笑)。先月東京で「ローズマリーの花」が咲いているのを見て以来、特にローズマリーが無性に欲しくて、ハーブ苗のネットショップを巡る日々です。

軽井沢は実際ハーブには向かない土地柄で、本当に丈夫なミント類やレモンバーム、カモミールは大丈夫なのですが、ローズマリーはほとんど冬越しできません。ラベンダーも枯れないものの、株は成長せず、植えた翌年の花は大体小さい花になってしまいます。-20℃以上にも耐えるというローズマリーを植えてみましたが、冬が来るずっと前に、梅雨時から夏の湿気でダメになってしまいました。ハーブは湿気を嫌うものが多いのです。

なので、今年からはもう地植えはあきらめて、鉢植えにしようと決めました。大小2つくらいのハーブの寄せ植えを作ろうかと思っています。後は一年草と割り切って地植えにするのもいいかもしれません。いずれにせよ、本当に早く雪が融けてほしいものです。
b0236040_9311672.jpg
これもまた本文とは何の関係もない、薪ストーブの前でまったりするミミモモ。モモ君のピンクの肉球がかわいいです。
[PR]
by hanalamimo | 2012-03-13 09:35 | 草花

ヴィオラ3種

b0236040_95091.jpg
昨日は朝は曇っていたものの、時間が経つにつれて青空も見えてきました。浅間山も一瞬すっきりとした真っ白な姿を見せてくれたのですが、カメラを持ったときには山頂が薄い雲に覆われてしまって残念。でも青空と雪景色は本当にきれいですねぇ。
b0236040_959418.jpg

b0236040_9595954.jpg

b0236040_100821.jpg
家の中では猫害を免れたヴィオラが咲いています。ちょっとおサルさんを彷彿とさせる花です(^^;)。

が、しかし、
b0236040_1091810.jpg
猫害はこんなところに…。今回3つだけ咲いたクリスマスローズの花、全部がこんな風にかじられていました。あまりおいしくなかったらしく、花丸ごとは食べられずに済んだのが幸い。やっぱり犯人はミミィちゃんですか?
[PR]
by hanalamimo | 2012-03-12 10:11 | 草花